日々の定跡

日々の定跡

Read Article

第84期棋聖戦決勝トーナメント速報

スポンサードリンク



第84期棋聖戦決勝トーナメント速報中村太地-郷田戦は相矢倉の戦いとなりました。中村先生の攻め、郷田先生の受けという展開になりました。郷田先生、受けきり勝ちを狙っているのかな?と思っていましたが、98手目、矢倉崩しの△8六桂から攻め合いに出て郷田先生勝ち。

終わってみると、郷田先生の貫禄勝ちといった感じがします。中村先生、次世代のエースのひとりだと思いますが、羽生世代の壁はまだまだ厚いかな?と個人的には思いました。

本日は久保-渡辺戦も行われています。戦型は久保先生の石田流VS銀冠。アマチュア的には振り飛車の勝ちパターンだなあ~と思っていたのですが、渡辺先生の玉はするりするりと9九まで逃走。持将棋模様になって、なんだか嫌な予感・・・などと心配していたのですが、わりと早く久保先生が投了しました。

第84期棋聖戦決勝トーナメント準決勝 久保利明九段VS渡辺明竜王


全くの余談になりますが、入玉模様になると、先日行われた、「Puella α」-塚田戦をどうしても思い出してしまいます。コンピュータの解析能力を生かし、持将棋の類型まで定跡化が進んだりしたら、すごく気持ち悪いです。

手段はどうであれ、将棋について更なる解明が進むというのは、一将棋ファンとして、大変興味をそそられます。しかしながら、その結果、将棋からロマンがなくなってしまわないか、すごく心配です。。。

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


七 − 五 =

*

Facebookでコメント