日々の定跡

日々の定跡

Read Article

横歩取り△2三歩型:△2五角と打たれる展開

スポンサードリンク



横歩取り△2三歩型:△2五角と打たれる展開

第1図


第1図は先手▲2四同飛と走った局面。ここで後手△2三歩には飛車をおとなしく引くのも悪くないが、▲3四飛と横歩を取る変化を覚えておく必要がある。△8八角成▲同銀△2五角にどう対応するべきだろうか。

第2図


第2図は後手△2五角と打った局面。先手は▲3二飛成と切るのが好手。もったいないようだが、後手は歩切れなので十分成立する。△同銀と取らせて第3図をむかえる。

第3図


第3図は先手▲3八銀と上がった局面。いったんは後手の△4七角成を防がなければならない。いっぽう、後手△3三銀は▲2二角を防ぐため必然。そこで▲1六歩が知らないと指せない好手。▲3五金△1四角▲1五歩を狙っている。△4四銀は金打ちを防ぐ趣旨の手であるがこれに対しては▲5六角が好手で、結果図は先手がよい。後手の角はやはり詰んでいるのである。

結果図


※郷田・指して楽しい横歩取り6~8ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


八 − = 二

*

Facebookでコメント