日々の定跡

日々の定跡

Read Article

石田流:鈴木流急戦VS後手の変化△7四角

スポンサードリンク



石田流:鈴木流急戦VS後手の変化△7四角

第1図


第1図は先手▲5六角と打った局面。ここで後手△7四角とする実戦例が多い。

第2図


第2図は後手△6二金と上がった局面。この手が後手の最善手とされている。これに対し▲5五角は当然。△4四歩が軽い好手でうっかり▲同角などとしようものなら△8四飛でシビれる。後手は△3二銀から▲3三桂と頑張るが先手も▲7七角と引いて3筋の桂頭攻めを狙う。

第3図


第3図は先手▲3六歩と突いた局面。ここから結果図まで、難しい戦いが続く。結果図は先手有望だと久保先生は著書で述べているが、やはりアマチュアには難しいのではないだろうか。

結果図


※久保・久保の石田流81~85ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


+ 四 = 十一

*

Facebookでコメント