日々の定跡

日々の定跡

Read Article

升田式石田流:先手▲7七銀型の検討

スポンサードリンク



升田式石田流:先手▲7七銀型の検討

第1図


第1図は後手△6三銀と上がった局面。この手に対し▲7七桂と跳ねる手はすでに検討した。本稿からは▲7七銀とする指し方を検討しよう。▲7七銀型の狙いは①▲6六銀~▲5五銀と中央に銀を進出して後手の駒組みを牽制すること、②▲8六歩から飛車をさばくこと、である。だが、①は、手詰まりになりやすくあまりオススメはできない。そこで②を中心に検討する。

第2図


第2図は先手▲8六歩と仕掛けた局面。△7二金は自陣を堅くして待機する作戦。飛車角総交換後、△6九角は後手の狙い筋だ。

第3図


第3図は後手△6九角と打ち込んだ局面。これに対し先手の最善手は▲9六角だ。次は▲6一飛が厳しいので、後手は角を切って強襲をかける。△8八飛は厳しい手だが、▲8七角打が粘り強い受け。結果図は先手金損の分かれだが、次の▲8一飛成や▲5一飛打の攻めが厳しく、先手良しだ。

結果図


※久保・久保の石田流44~50
ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


七 − = 五

*

Facebookでコメント