日々の定跡

日々の定跡

Read Article

升田式石田流:▲7七桂型VS△7二金~△5二金型

スポンサードリンク



升田式石田流:▲7七桂型VS△7二金~△5二金型

第1図


第1図は先手▲7七桂と跳ねた局面。実は△7二金は後手の最善手で、▲9六角に△5二金と構えられると、一気に攻め倒すのは無理だ。それゆえ先手▲7七桂型は実戦例が減っている。

第2図


第2図は先手▲6八銀と銀を上がった局面。△7二金~△5二金型で構えられた場合は先手は持久戦を目指すことになる。具体的には▲7九銀~▲6八銀~▲5七銀と銀を繰り替える。結果図は先後いずれも動きにくい局面で、形勢は互角だ。

結果図


※久保・久保の石田流8~14ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


六 − = 一

*

Facebookでコメント