日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角換わり棒銀:新発見!▲2二歩

スポンサードリンク



角換わり棒銀:新発見!▲2二歩

第1図


第1図は後手が△2八角成と馬を作った局面。△4二玉は後手がまずかったので、仕方のないところ。もちろん、先手は▲5三飛成と成りこむ一手だ。△5二歩▲5六龍△2九馬となって第2図を向かえることとなる。

第2図


第2図は後手△2九馬と桂を取った局面。後手は銀得だが、歩切れなのが痛い。ここでは▲2七香も有力だが、△6二玉とかわされると先手容易ではない。そこで▲2二歩が新しく発見された手筋の一着。△同金▲1一角△3二金に再度▲2二歩。狙いはもちろん、と金攻め。

第3図


第3図は先手▲2二歩と打った局面。後手は△2八馬と馬を活用する。△3七馬から△1五馬で、香車を取られる順は見えているがそれを阻止すべく▲4八金などとしていては△3三桂などと跳ねられ、局面が怪しくなる。そこで先手は▲2一歩成と攻め合いを目指す。

第4図


第4図は先手▲2二と、と引いた局面。△3三馬が当然ともいえる手で、と金が動けば先手の角が取られてしまう。しかし、先手は▲3二と~▲5四桂と角を犠牲に寄せを目指す。

第5図


第5図は後手△7一金と金を寄った局面。玉の逃げ道を確保する趣旨だ。ここで平凡に▲4二とや▲4二桂成では玉に逃げられる。▲8三香が強烈で、△同飛ならば▲4二桂成から後手玉は詰む。そこで後手は△9二飛と辛抱するが、▲8一香成~▲4二と~▲8三金と左右挟撃の態勢を築き、先手大優勢だ(結果図参照)。

結果図


※青野・最新棒銀戦法163~167ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


六 − = 一

*

Facebookでコメント