日々の定跡

日々の定跡

Read Article

「必至」と「詰めろ」の違いについて

スポンサードリンク



「必至」と「詰めろ」の違いについて「必至」と「詰めろ」の違いについて、しっかり理解しておきましょう。
「詰めろ」は、別名「一手すき」とも呼ばれ、王手はかかっていませんが、次に玉が詰む状態をいいます。これに対して、「必至」とは、詰めろの状態で、さらに相手の受けがないものをいいます。換言すれば、必至とは受けのない詰めろとも言えましょう。具体的に見ていきましょう。A図とB図を見比べてください。

A図


A図は、「詰めろ」の例です。次に▲2二馬とすれば詰んでしまいますが、△4四角と受ければ詰みは免れています。次にB図を見てみましょう。

B図


B図は、「必至」の例です。A図との違いは3三に歩がある点です。▲2二馬を防ぐ手段がないことを確認してください。

浦野・初段になるための将棋勉強法94~96ページ参照


参考になる情報だった!と思ってくださった方、
コチラをクリックしていただけますと励みになります⇒人気ブログランキングへ

将棋 ブログランキングへ

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


+ 七 = 十一

*

Facebookでコメント