日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角換わり棒銀:▲6八玉が悪手となるとき

スポンサードリンク



角換わり棒銀:▲6八玉が悪手となるとき

第1図


第1図は、△7二銀と上がった局面。先手の棒銀に対し、後手が△6四歩型だと先手から▲8四香の筋がある。そこで、本項では後手が本筋である△7三銀型の受けをした場合を検討する。

第2図


第2図は、△7三銀と上がった局面。ここで▲6ハ玉といったん居玉を解消したいところだが、このタイミングではよくない。後手にすかさず△4四銀と出られ、マズいことになる。結果図は△1九角の筋が残り、先手不満である。

結果図


※青野・最新棒銀戦法139~140ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


+ 四 = 七

*

Facebookでコメント