日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角換わり棒銀:△2二銀は先手良し

スポンサードリンク



角換わり棒銀:△2二銀は先手良し

第1図


第1図は、△2二銀と引いた局面。△2二銀打ちでは後手ダメだったのは前項で確認した。先手は予定通り▲1一歩成と成り捨て▲8四香と飛車取りに打ってから、▲6六角と飛車銀両取りに打つ。これで決まっているように見えるのだが、後手にも有力な反撃手がある。△2六香がそれだ。

第2図


第2図は後手△2六香と打った局面。この香車を飛車で取ることは△4四角と打たれ、飛車を取り合う展開になる。この手順は、△2ハ飛と打たれる手が厳しく、先手不満。そこで、△2六香に対しては飛車を逃げる一手となる。問題は飛車の逃げ場所だが▲5八飛がベスト。▲4八飛だと△8二飛▲1一角成のときに△3三桂と跳ねる手があり、▲1三香成に△4五桂で先手の飛車が狙われることになるからだ。

第3図


第3図は▲2二同馬の局面。△2九香成▲2一馬と桂馬を取り合って△2七角の金取りにどう対処すべきか。強く▲3八金としたいところだが、△1六角成とされ、△4九銀の割り打ちを狙われることになり面倒だ。そこで▲5九金とかわすのがよい。

第4図


第4図は▲2四歩と先手が突いた局面。これは次に▲2八飛を狙ったもの。後手は手抜いて△4九成香と攻め合いにでる。先手▲7九玉は手筋の早逃げ。△4八銀には▲1九飛車といったんは逃げる。

第5図


第5図は△2八馬と後手が飛車取りに寄った局面。これに対して▲1六飛と飛車を逃げると、△2七馬▲1九飛△5七銀成と手順に馬を活用されて先手不満。そこで飛車を見捨てて寄せにいく。

第6図


第6図は先手▲7五桂と打った局面。挟撃の寄せを狙った好手。後手は△2九飛と王手で飛車を打ちおろす。▲8八玉は当然の一手。このとき、△8六桂と打たれる筋が気になるが、▲同銀△同歩▲8三香が詰めろになるので先手の勝ち。△6九銀には▲7九金が受けの手筋。△7八金には▲9八玉と寄るのが冷静な好手。

第7図


第7図は▲9八玉と寄ったところ。ここで△7九金では▲8三香と打たれる手が厳しく後手の負けとなる。そこで△7七金▲同桂△7八銀成と先手玉に詰めろをかける。しかし、金を1枚渡してしまうので、後手玉に即詰みが生じてしまった。

結果図


※青野・最新棒銀戦法132~138ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


八 − 五 =

*

Facebookでコメント