日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角換わり棒銀:後手△2二銀打ちの受け

スポンサードリンク



角換わり棒銀:後手△2二銀打ちの受け

第1図


第1図は、▲1五歩と先手の端攻めに対し△1五同歩と応じた局面。この歩を銀で取らなければならないことは前項で説明した。▲1五銀△同香▲同香△1三歩までは一直線。そこで▲1二歩と垂らすのが確立された定跡手順。

第2図


第2図は▲1二歩と垂らした局面。狙いはもちろん▲1一歩成。これに対し、後手には2通りの受け方がある。△2二銀打ちと△2二銀と引く手だ。まずは△2二銀打ちから見ていこう。この手に対しては▲6六角が好手。狙いは▲8四香だ。後手は△6五歩と角を追い払おうとするがこの手は間に合わない。先手はかまわず▲8四香だ。以下、△7二飛▲8三香成△7一飛▲8四角と、角を逃がすことができた。結果図は先手優勢と言えるだろう。

結果図


※青野・最新棒銀戦法130~131ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


二 + 一 =

*

Facebookでコメント