日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角換わり棒銀:端を香車で取るのは失敗

スポンサードリンク



角換わり棒銀:端を香車で取るのは失敗

第1図


第1図は、▲2六銀と出た局面。一般に棒銀は五段目に進出できればだいたい成功だと言われる。そこで後手としてはそれを阻止したい。△1四歩は▲1五銀を防いだもの。先手▲1六歩は▲1五歩からの端攻めを狙ったもの。先手はいったんは▲6八玉と居玉を解消してからしかける。

第2図


第2図は、▲1五歩と先手の端攻めに対し△1五同歩と応じた局面。この局面で超重要な基本を押さえておこう。この歩をどの駒で取れば良いか?銀で取るべきか、それとも香車で取るべきか。正解は▲1五銀なのだが、初心者は▲1五香と、香車でとってしまいがち。それがどのようにまずいのかということをここでは見ていく。仮に▲1五香△同香▲同銀となれば理想だが、そうはならない。▲1五香には△1三歩と受けられ、無理に▲同香成△同香▲1四歩△同香▲1五歩と攻めても△1三歩とされて、棒銀が立ち往生してしまう。

結果図


結果図は先手大失敗だ。銀と香車の交換はもったいないようだが、端を確実に食い破ればバランスは取れているのだと記憶しておこう。

※青野・最新棒銀戦法129~130ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


二 + 五 =

*

Facebookでコメント