日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角換わり棒銀:△2二桂合いの成否

スポンサードリンク



角換わり棒銀:△2二桂合いの成否

第1図


第1図は、△2二桂と打った局面。角合いは後手マズいことになったが、桂合いではどうか。先手は▲1一銀から絡んでいく。後手も△3二金と引いて必死の防戦。▲2二桂成△同金で、後手が受けきったかに見えたが、先手▲2六桂が好手で、▲1四香からの詰みを狙っている。後手は本来ならば△1二玉としたいところだが、それには▲1四桂があって後手マズい。ゆえに△2五銀打ちと手厚く受けるが、それでも先手は▲1四桂と襲いかかる。

第2図


第2図は、先手が▲2二角成とした局面。これが決め手とも言える手で、飛車でとられるものの、後手玉の退路を封じる好手。▲1五歩と叩いて筋に入った。結果図のとおり、先手の勝ちだ。

結果図


※青野・最新棒銀戦法126~128ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


+ 三 = 四

*

Facebookでコメント