日々の定跡

日々の定跡

Read Article

横歩取り中原流:△6五桂に▲3九角の受けは後手十分

スポンサードリンク



横歩取り中原流:△6五桂に▲3九角の受けは後手十分

第1図


第1図は△5六歩に▲同歩と応じた局面。後手は△8八角成~△7五飛と大駒2枚をたたき切って猛攻する。△6五桂にどう応じるべきか?▲2六飛は△4四角で将棋が終わる。

第2図


第2図は△6五桂に対し▲3九角と打った局面。5七の地点をカバーしたものだが、実はたいした受けになっていない。後手は△5七歩~△5八銀と打ち込んで玉を引っ張り出す。

第3図


第3図は▲5八同玉と応じた局面。後手は△2七銀と打ち込んで攻めを続ける。△3八角~△5六角成となった局面は後手十分だ。

結果図


※中原・横歩取り中原流77~78ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


+ 五 = 十

*

Facebookでコメント