日々の定跡

日々の定跡

Read Article

横歩取り中原流:好手△3六桂

スポンサードリンク



横歩取り中原流:好手△3六桂

第1図


第1図は▲9五角に△9四飛と寄った局面。▲6二桂成では先手がうまくなかった。では▲6二角成ならどうだろうか。6二に成桂ができるが、△9五角の王手でこの成桂は外されてしまう。

第2図


第2図は▲7九玉と早逃げした局面。これは△5六桂打に備えたもの。これに対し、後手の△3六桂が素晴らしい妙手。ソッポのようだが、①3五角出を作った、②先手の飛車の横利きを止めた、③△2四飛の転回を可能にした、という一石三鳥の手なのだ。なお、この手に代えて△5七角は▲6八銀打と固められて大変なことになる。

第3図


第3図は▲5四銀と打った局面。△2四飛を防ぎつつ、なんとか寄せの足掛かりを作ったものだが、△7六歩の攻めが厳しい。▲7六同銀の一手に△7七歩が手筋の継続手。本譜は▲同桂と桂馬で取ったが、結果図の通り、これは先手が勝てない将棋だ。

結果図


※中原・横歩取り中原流43~45ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


+ 四 = 六

*

Facebookでコメント