日々の定跡

日々の定跡

Read Article

横歩取り中原流:△6五歩▲同歩は後手十分

スポンサードリンク



横歩取り中原流:△6五歩▲同歩は後手十分

第1図


第1図は△5五歩と突いた局面。角交換を避けた手だ。ここから先手は持久戦模様に駒組みを進める。持久戦になれば1歩得が生きてくるという考えだ。

第2図


第2図は△9四歩と突いた局面。これで後手の攻撃態勢は整った。▲7七桂には△7五歩から仕掛ける。△6五歩に対して本譜は▲同歩と応じた。自然な手だが、実は悪手。△6六歩~△5六歩~△8六歩と後手はどんどん前へ出てくる。

第3図


第3図は▲8七金と受けた局面。後手陣は飛車の打ち込みに弱いが、思い切って△7六飛と飛車を切って猛攻するのが良い。結果図は後手十分の局面だ。

結果図


※中原・横歩取り中原流26~28ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


二 − 一 =

*

Facebookでコメント