日々の定跡

日々の定跡

Read Article

横歩取り中原流:角交換に潜む重要変化

スポンサードリンク



横歩取り中原流:角交換に潜む重要変化

第1図

第1図は△7四歩と突いた局面。これに対して▲3三角成~▲6六角とする手順は先手がまずかった。そこで本譜は▲1六歩と突く。後手の△5四歩は△5五歩から角交換を防ぐところにあるが、仮に、△5五歩を省略するとどうなるか、検討しておこう。
第2図

第2図は△9四歩と突いた局面。結論からいえば、この手は大悪手。△5五歩と角交換を避ける手を急がなければならなかった。先手はすかさず端攻めを開始。▲1四歩△同歩▲1二歩△同香▲3三角成△同桂▲2一角で技が決まる。結果図は先手良しの局面だ。
結果図

※中原・横歩取り中原流26ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


九 − 五 =

*

Facebookでコメント