日々の定跡

日々の定跡

Read Article

横歩取り中原流:△4五桂▲2二歩成の変化

スポンサードリンク



横歩取り中原流:△4五桂▲2二歩成の変化

第1図


第1図は△4五桂と跳ねた局面。ここで▲4五同歩と桂馬を取るのは先手がまずかった。そこで▲2二歩成と攻め合うのが本項で検討する手順。後手△9五角は▲8六銀を強要する趣旨。▲8六銀を打たせてから△5七桂左成と攻め込む。

第2図


第2図は△5七桂左成と桂馬を成った局面。先手は▲6九玉と逃げる。後手はいったん△2一金と角を取り、▲同とに△2四歩と受けておく。後手は先手の飛車を捌かせてはいけない。▲5五歩△同飛でいつでも▲2四飛と走れるようにしてから▲9五銀と角を取る。本当は角など取らずに▲2四飛と走りたいところだが、それは△4七成桂が詰めろで先手の負けなのだ。

第3図


第3図は△4七成桂と寄った局面。▲6八銀は玉の逃げ道を作った手。これに対して△8八歩は覚えておきたい手筋の一着。これを▲同金なら△5七銀で詰めろがかかる。△8八歩を取れない先手は▲3三角と飛車取りに打つが△4四銀がしっかりした受け。

第4図


第4図は△4四銀と受けた局面。先手はもはや角を逃げる暇はない。▲4四同角成△同歩としてから、▲7九玉と逃げる。しかし、本譜の通り、この変化は後手の勝ちになる。結果図は後手勝勢の局面だ。

結果図


※中原・横歩取り中原流18~22ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


− 一 = 二

*

Facebookでコメント