日々の定跡

日々の定跡

Read Article

後手△3三銀の受け

スポンサードリンク



後手△3三銀の受け

第1図






前項で原始棒銀の典型的な成功例を見たが、これはうまく行きすぎで、本項からは、後手が少しまともな対策を講じてきた場合を見ていく。

第2図






まず△3三銀と上がって受けた場合。このように受けられると、一気に後手陣を潰すことはできない。しかし心配することはない。先手は銀交換を狙って指せばよい。なお、今度は角を攻撃に参加させる必要がある。

第3図






つい▲3四飛と、横歩をかすめたくなるが、それは悪手。△2八角と打ち込まれてしまう。そこで、じっと▲2八飛と引いておく。▲6八玉は必要な手。玉を安全にする趣旨だ。「居玉は避けよ」の格言通り。

第4図






▲1六歩は端攻めを狙う手。この手に対しすぐに△4三金右だとどうなるか。実は▲6一角と打って先手がよくなる。変化図参照。

変化図







第5図






先手は予定通り端攻めを決行する。突き捨ててから▲1三歩と垂らすのが手筋。

第6図






止むを得ない△1三同香に▲1二銀が厳しい手。後手は△3三桂と取られそうな桂馬を逃がす。そして飛車先を歩で叩いて止める。ここで歩をケチって単に△2五歩なら、▲2四歩と垂らして先手がよくなる。

第7図






飛車先を止めて後手がうまくやったようだが、▲3二成銀と金をむしり取る手が王手。金を手にしてから、悠々と飛車を引けばよい。△2三銀は▲2四歩の垂らしを防いだ手だが、かまわず▲2二歩~▲2四歩が覚えておきたい手筋。後手陣をバラバラにしてから▲4一角が厳しく、先手の優勢は疑いない。

結果図







※青野・最新棒銀戦法14~20ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


五 + 三 =

*

Facebookでコメント