日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角交換四間飛車破り:▲4七銀型vs△2四歩

スポンサードリンク



角交換四間飛車破り:▲4七銀型vs△2四歩

第1図


第1図は▲4六歩と突いた局面。先手は▲4七銀~▲3六歩~▲3七桂型を目指す。これに対して本項は、後手が早めに△2二飛~△2四歩と動いてきた場合を取り上げる。▲3七桂は銀の進出を阻んだもの。△2五歩と打つのは必然だ。先手は▲7七角と飛車に狙いを定め、後手の攻めを牽制する。

第2図


第2図は△3三角と角を合わせた局面。先手は気持ちよく▲4五桂と跳ねる。△7七角成は当然だが、▲同桂と桂馬で取るのが先手の工夫。次に▲6五桂と跳ねて5筋に殺到する構想だ。

第3図


第3図は▲6五桂と跳ねた局面。後手は△4四角と攻防に打つが▲7七角と合わせる手があった。結果図は先手優勢の局面だ。

結果図


※屋敷・角交換四間飛車破り84~91ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


+ 一 = 八

*

Facebookでコメント