日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角交換四間飛車破り:△4四歩型には突き捨ててから▲4六銀が有効

スポンサードリンク



角交換四間飛車破り:△4四歩型には突き捨ててから▲4六銀が有効

第1図


第1図は△4四歩と突いた局面。これに対してはいったん自陣に手を入れた後、▲3五歩△同歩と突き捨てを入れてから▲4六銀と出る。△3六歩は振り飛車の頻出手筋だ。

第2図


第2図は△3六歩と歩を突き出した局面。将来▲3七桂と跳ねる展開は必然であるため、▲2六飛と浮いて事前に桂頭をカバーする。△4五歩に▲3五銀と出ることができるのが突き捨てを入れた効果。

第3図


第3図は△2七角と角を打った局面。狙いはもちろん馬を作るところにある。飛車の逃げ場所が問題になるが▲5六飛が最善。△3八角成は当然。先手はこのまま桂馬を取られるわけにはいかない。▲3四歩から銀を捌きにいく。

第4図


第4図は△4四同飛の局面。ここで▲2六角が好手。3七の桂馬にヒモを付けつつ飛車取りにもなっている。△3四飛に▲4五桂でついに桂馬がさばけた。後手は△4九馬と入って勝負にくる。飛車の成り込みも見てなかなかの迫力だ。

第5図


第5図は△4九馬と入った局面。実はこの局面は先手が勝っている。受けても悪くないが、一直線に攻め合った変化が本譜の順。結果図は先手の勝ち。

結果図


※屋敷・角交換四間飛車破り57~65ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


+ 一 = 九

*

Facebookでコメント