日々の定跡

日々の定跡

Read Article

ダイレクト向かい飛車:▲7四同角に対し囲い合う展開

スポンサードリンク



ダイレクト向かい飛車:▲7四同角に対し囲い合う展開

第1図


第1図は▲7四同角と歩を取った局面。▲4三角成としたいのはいうまでもないが、前項で見たとおり、先手にとって好ましい展開にはならなかった。後手は美濃囲いから高美濃に組む。先手も▲5六角と一旦引き上げてから自陣を整備する。

第2図


第2図は▲3七銀と上がった局面。▲3七銀に代えて▲2五歩ももちろん有力。▲3七桂もあり得るが、5六の角とのバランスを考えるとあまりよくない。▲3七銀~▲4六銀と銀を進出させる方がよい。後手は高美濃からさらに銀冠に組み替えるも、7筋に歩がないのは痛い。結果図は先手の作戦勝ちの局面だ。

結果図


※大石・ダイレクト向かい飛車徹底ガイド96~99ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


七 − 五 =

*

Facebookでコメント