日々の定跡

日々の定跡

Read Article

ダイレクト向かい飛車:7四の歩を取らせる展開①

スポンサードリンク



ダイレクト向かい飛車:7四の歩を取らせる展開①

第1図


第1図は△6四歩に対し▲4六歩と突いた局面。あっさりと7四の歩は取らせる方針だ。その後、しばらくは双方とも駒組みに入る。このときの後手の注意点は、先手に穴熊に組まれないようにすることだ。先手は▲5六銀~▲6七銀と玉を固める。

第2図


第2図は△5四歩と突いた局面。▲2五歩は3三の銀を釘付けにする狙い。後手としては△4四銀と銀を中央に活用したいのだが、その瞬間に▲2四歩~▲2三歩の攻め筋があり危ない。やむなく後手は△7三桂と決戦に備えて力をためる。先手も▲3六歩から右桂の活用を図る。

第3図


第3図は5五歩と突いた局面。これは△5四角と打つことにより先手の▲3六歩~▲3七桂という攻めの形を牽制したもの。だが▲4五角が好手。△同角▲同歩で▲4五桂の味がなくなってしまうが、その代償として、3三の銀をさばきを防いでいる。

第4図


第4図は△1四歩と突いた局面。後手は△1五歩~△4六角となんとか手を作りたいところ。仮に△4六角に対し▲3七角と合わせてくれれば△同角成▲同桂△3五歩で後手としては希望が持てる。だが、本譜のように▲1八飛とあっさりよけられると苦しい。後手はなんとか馬を作ることに成功したものの、▲7五歩からの攻めが厳しい。結果図は後手自信のない局面だ。

結果図


※大石・ダイレクト向かい飛車徹底ガイド76~81ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


一 + = 八

*

Facebookでコメント