日々の定跡

日々の定跡

Read Article

原始棒銀のシンプルな成功例

スポンサードリンク



原始棒銀のシンプルな成功例

第1図


第1図は▲7八金に対し、△3二金と上がったところ。先手は飛車先の歩を交換する。飛車先の歩は切れるときに切らなくてはならない。
その理由として、

①歩を持ち駒にすることができる
②飛車が敵陣に直射する
③後の銀や桂馬の進出が容易になる

の3つを指摘できる。

第2図


第2図は後手が△8二飛と引いたところ。先手は▲3八銀~▲2七銀と、右銀を繰り出していく。狙いは相手の弱点である角頭だ。角道を開けていないことが気になるかもしれない。しかし、このタイミングでは角道は開けなくてよい。目標にしている後手の角をさばかせてはまずいからである。

第3図


第3図から先手は▲3五銀と出る。狙いはもちろん▲2四歩からの攻め。一般に、棒銀は五段目に進出できれば成功だといわれている。△3四歩は角の逃げ場を作った手だ。

第4図


第4図から▲2三銀不成と、ならずでいくのが大事なところ。仮に成ったらどのような不都合があるのかは次項で説明する。余談だが、こういう場面で迷ったらだいたいならずでいくのがスジだと覚えておくとよいかもしれない。▲3四銀成りから▲2四歩と垂らして、後手は壊滅状態だ。

第5図


第5図は、先手が▲2四歩と垂らした局面。後手に適当な受けはない。やむなく△3六歩と反撃を試みるも、先手は手抜きでと金を作る。△5五角は狙われている角を逃がしつつ、飛車のコビンを狙う手。△3六歩を活かす手ではあるが▲4六金と受けられては万事休す。結果図は先手必勝といえるだろう。

結果図


※青野・最新棒銀戦法9~13ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


八 + = 十五

*

Facebookでコメント