日々の定跡

日々の定跡

Read Article

ダイレクト向かい飛車:△5二金右に対し▲7五歩と突く変化①

スポンサードリンク



ダイレクト向かい飛車:△5二金右に対し▲7五歩と突く変化①

第1図


第1図は△5二金右に対し、▲7五歩と突いた局面。△4三金から角を取り合う変化となる。そして先手は矢倉に、後手は右玉に組む。

第2図


第2図は△6五歩と突いた局面。この位は5四の金と連携も良く、非常に大きな手だ。▲8二角は覚えておきたい手筋で、△7三角と合わされて何でもないようだが、△7三玉~△7二玉を強要する形となり、後手の玉を不安定にさせたという意味で先手が少し得をしている。そして先手は後手が玉形を整えている間に▲3六歩~▲3七桂と攻撃形を作る。

第3図


第3図は▲3七桂と跳ねた局面。△6四角は非常に味の良い手で先手の飛車をにらみつつ、9筋の端攻めも狙っている。結果図は後手の陣形が広く手厚いことから後手の作戦勝ちだと思われる。

結果図


※大石・ダイレクト向かい飛車徹底ガイド46~50ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


五 + 五 =

*

Facebookでコメント