日々の定跡

日々の定跡

Read Article

△2五歩には▲7八金でなければならない理由

スポンサードリンク



△2五歩には▲7八金でなければならない理由第一図

第1図は後手が△8五歩と伸ばしてきたところ。ここで定跡は▲7八金だ。しかし、▲7八金と受けずに攻め合ったらどうなるか?原始棒銀を学ぼうとする者が必ずぶつかる疑問だが、しっかり理解をしているか、怪しい人は意外と多いのではないだろうか。そこで、きっちり変化を追うことにより、なぜ先手が良くならないのかしっかりと検証する。
第2図

第2図は有名な局面で、これにて後手良し。先手は▲7八金としなければならなかった、ということで大半の定跡書は終わっている。しかし、せっかくだから、もう少し変化を検証してみよう。先手は先手で、▲2三歩と角取りに歩を打つ。
第3図

しかし、後手は△8八歩成り▲同銀△3五角が痛打(飛車取り)。先手は▲2五飛と角取りで先手を取るが、後手は角を逃げつつ△5七角成りと馬を作ることに成功。先手も負けじと▲5五飛と返し技をかけたようだが、
△6七馬が冷静で、▲5二飛車成り△5二歩で攻めは切れている。
結果図

先手は龍を作ることはできたが、後手に△8九馬と桂馬をとられる方がひどい。後手良しである。
再掲第3図

再掲第3図に戻ってみよう。ここで、▲2五飛はうまく行かなかった。では、▲2八飛と深く引いたらどうなるか?
△5七角成り▲2二歩成り△同飛までは一直線だろう。飛車交換はできないから▲2三歩も当然。後手の飛車の逃げ場所は?
変化1図

変化1図のように△1二飛が正解。これは1一の香車にひもを付ける意味があるのだが、その具体的な効果はもう少しあとで分かる。
変化2図

先手は駒の損得はないが後手に馬を作られているため、ゆっくりして入られない。▲2二角と露骨に打ち込んで飛車先を突破しようと試みる。
しかしその手には△2四歩が馬の利きを活かす冷静な受け。▲1一角成り△同飛▲2七香とするも△4五角▲2四香△2七歩で先手不利は明白。結果図をよく確かめてほしい。
結果図(△2七歩まで)

※青野・最新棒銀戦法6~8ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


四 + = 七

*

Facebookでコメント