日々の定跡

日々の定跡

Read Article

▲1四銀△3五歩の変化

スポンサードリンク



▲1四銀△3五歩の変化

開始図







開始図は△1四歩に対し、強く▲1四同銀と進出した局面。これに対し、例えば、△8五歩などのような手なら、じっと▲1五歩と銀にひもをつければ良い。本項では、△1四同香ではなく、△3五歩とひねった受けをしてきた場合を検討する。

第1図






第1図は▲1四銀に対し、△3五歩とした局面。▲3五同歩は将来△3六歩と桂頭を狙われる手が気になる。そこで、▲3五同角と応じる。角を呼び込んでから後手は△1四香と銀を取る。先手はもちろん▲1五歩△同香▲同香だ。

第2図






第2図は後手が△3四銀と進出した局面。この銀が角当たりになるのが△3五歩▲同角と先手の角を呼び寄せた効果。先手は▲2六角と角を引く。なお、▲6八角などとしたら、すかさず△1五角と香車を取られてしまうので注意が必要だ。△1六歩にはおとなしく▲1八歩と受けておくのが冷静。

第3図






第3図は後手が△3三金と寄った局面。これは▲3五歩とされた場合に△4三銀とできるようにしたもの。この局面で、▲3五香も有力だが、高橋先生の著書には▲1四香打ちの手順を本譜としていたので、それに従う。先手の狙いは▲1二香成りだ。

第4図






第4図は▲1二香成り△3一玉に対しじっと▲4六歩とついた局面。
高橋先生はこの手をプロ好みの手であり、腰の入った攻めを実現する手であるとしている。なお、この手にかえて、▲2四歩△同歩▲2二歩とやりたくなるが、△2二同金▲同成香△同玉とされると継続手段が難しい。△4七銀は△3六銀成りから角を取る狙い。そこで、▲3五歩から先手は角をさばきに出る。

第5図






第5図は、▲4五桂と桂馬を跳ねた局面。金の逃げ場がないため、△4五同歩はしかたがない。そして▲3四歩△同金に▲7一角成りと、先手は角を成り込むことに成功した。▲3五歩△4四金と後手の金の場所を移動させて▲2四歩が重要な手。△2四同歩と取らせることによって△1五角と香車をとられることを防いでいる。仮に△2四同角なら▲同飛△同歩▲5三角で先手が勝つ。

第6図






第6図は▲2四歩△同歩を入れたあと、▲2六飛と飛車を浮いた局面。△3六銀成りを防ぎつつ、▲1六飛と転回するのが狙い。後手は攻め合いに活路を見出そうと△5五歩と中央から動いてくるが、間に合うとは思えない。これよりあとは、フラッシュ盤で確認していただけたらと思う。

結果図







結果図で後手玉は詰んでいる。

※高橋・勝てる矢倉戦法38~60ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


六 + = 十三

*

Facebookでコメント