日々の定跡

日々の定跡

Read Article

勢い重視の▲1四同銀

スポンサードリンク



勢い重視の▲1四同銀

開始図







開始図は△4二角に対し、▲2六銀と出た局面。この瞬間、△4五歩が気になるが、じっと角を引いて、▲3七桂~▲4八飛と、4五の地点をめがけて反撃すればよい。

第1図






第1図は▲1五銀に対し、△1六歩となった局面。
ここで普通は▲2六銀といったん銀を引いてから▲1五歩からの端攻めを狙うものであるが、▲1四同銀の変化が高橋先生の本で推奨されているので、それに従う。▲1四同銀△同香となるのは必然。

第2図






第2図は後手が△1四香と銀を取った局面。先手は▲1五歩△同香▲同香と端攻めを続ける。

第3図






第3図は後手が△1三歩と受けた局面。しかし構わず▲1三同香成りから端に殺到すればよい。

結果図







結果図は先手が▲1八飛と回った局面。先手が優勢の局面だ。しつこく1筋に圧力をかける方針で指せばよい。

※高橋・勝てる矢倉戦法30~37ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


四 + = 十一

*

Facebookでコメント