日々の定跡

日々の定跡

Read Article

鈴木流四間穴熊:居飛車穴熊との戦い④

スポンサードリンク



鈴木流四間穴熊:居飛車穴熊との戦い④

第1図


第1図は▲5六銀に対し△4四歩と応じた局面。一番穏やかな受け方だ。ここから▲2八銀と囲う手もあるが、鈴木流は▲4六歩~▲4八飛と積極的に動く。

第2図


第2図は△2二銀とハッチを閉めた局面。先手は▲4五歩から仕掛ける。後手は△4五同歩と取りたいところだが、4一金のままでは強い戦いができない。それゆえ△3一金と締まるのは冷静な好手。振り飛車も▲4四歩△同銀とある程度攻める形を作ったら▲5八金左~▲2八銀~▲3九金と自陣を整備する。

第3図


第3図は△7四歩と突いた局面。これに対し▲6五歩は角の活用を図る自然な手。△4二飛の受けに対し、先手は▲6四歩と突き捨ててから▲4五歩と決戦に出る。

第4図


第4図は▲3三角成と成り込んだ局面。居飛車は△同銀も△同金も両方あり得るところ。本項ではまず△同金と応じた場合を検討する。これに対しては▲7一角が好手。銀取りなので△5二飛と受けるが▲4四歩と攻めを続行する。△4二歩なら▲4五銀と出て、振り飛車指しやすい。本譜は△4二銀としたが、それでも▲4五銀と出て角を取らせている間に4筋を突破すればよい。結果図は先手十分の局面だ。

結果図


※鈴木・鈴木流四間穴熊111~118ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


一 + 一 =

*

Facebookでコメント