日々の定跡

日々の定跡

Read Article

鈴木流四間穴熊:銀冠との戦い④(△4三金右に代えて△4五歩)

スポンサードリンク



鈴木流四間穴熊:銀冠との戦い④(△4三金右に代えて△4五歩)

第1図


第1図は△4三金右に代えて△4五歩と突いた局面。▲4五同歩と取るのは△7七角成▲同桂△8六歩で振り飛車不利になる。そこで、▲6六銀と上がって角交換を拒否するのがよい。居飛車は△4六歩と取り込んでから△7四歩。この手は右桂の活用をにらみつつ、▲7五銀を防いだもの。△7四歩とされた局面では振り飛車の手が広く難しいところだが、▲4八飛が鈴木流の構想。相手の力を逆用する趣旨だ。

第2図


第2図は▲4八飛と回った局面。これに対し△4四歩なら▲6八飛と戻っておいて振り飛車十分。本譜は△4三金右と受けたが、それには▲3五歩~▲3六金と重圧をかければよい。

第3図


第3図は△4四歩と歩を打った局面。辛抱した手だ。この歩を打ってもらえれば振り飛車も当初の目的を達成したので、▲5六歩~▲6八飛と落ち着いて態勢を立て直す。次は▲5五歩からの6筋突破が狙いだ。居飛車は△8六歩の突き捨てを入れてから△6二飛と受けに回る。この突き捨ては大事な手で、▲9五角を未然に防いだもの。

第4図


第4図は△6二飛と受けた局面。振り飛車はここで▲5五歩~▲4六銀と玉側に銀を持ってくるのが敵玉頭に狙いをつけた好手順。居飛車は△6四歩~△6四銀と逆襲してくるが、その瞬間は4筋が手薄になっている。そこで、▲4五歩からカウンターを入れる。

第5図


第5図は▲4五歩と打った局面。居飛車は△6五桂と桂馬を活用してから△4五歩と決戦を試みるが、▲4四歩が手筋の一着。結果図は先手優勢の局面だ。

結果図


※鈴木・鈴木流四間穴熊85~91ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


二 + 五 =

*

Facebookでコメント