日々の定跡

日々の定跡

Read Article

鈴木流四間穴熊VS銀冠との戦い①

スポンサードリンク



鈴木流四間穴熊VS銀冠との戦い①

第1図


第1図は△3二銀とした局面。後手はほぼ間違いない銀冠を目指すことが予想される。振り飛車は▲6七銀と銀の活用を図る。急戦に対しては▲7八銀型から▲6五歩の決戦を狙うのが有力だが、対持久戦だと、▲6七銀から中央に駒を持っていった方が遊び駒がなくなる。

第2図


第2図は▲6七銀と上がった局面。△1四歩に対しては▲1六歩と受けるかどうかは悩ましいところだが、端歩はなるべく受けないのが鈴木流。そして▲4六歩~▲4七金型を作る。

第3図


第3図は△4四歩と居飛車の角道が止まった局面。ここで▲6五歩と振り飛車も角道を開ける。▲6五歩に対して居飛車は△4三金右と穏やかに待つ手順と△4五歩と決戦に出る2つの手が考えられる。まずは△4三金右から調べよう。振り飛車は▲6六銀~▲5六歩型を作ればよい。なお、▲5六銀と出るのは、居飛車から将来いつでも△8六歩~△4五歩の攻め筋が残るので、振り飛車が損だ。

第4図


第4図は▲5六歩と突いた局面。△6二飛は止むを得ない受け。振り飛車は▲5五歩から歩を交換し、▲6六銀~▲5七銀~▲5六銀と銀を立て直す。居飛車も△2四角~△3三桂と理想形を目指す。

第5図


第5図は、△3三桂と跳ねた局面。ここで▲9五角が鋭い一着。△5二飛には▲5五歩から攻めが続くので、△6一飛と引くが・・・・

第6図


第6図は、△6一飛と飛車を引いた局面。ここで▲5二歩が手筋の一着。△4二銀の辛抱には▲5一歩成と成り捨ててから▲6四歩~▲5一角成~▲6四飛と荒さばきに出ればよい。結果図は先手少し指しやすいと思われる。

結果図


※鈴木・鈴木流四間穴熊64~78ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


七 + 八 =

*

Facebookでコメント