日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角交換を避ける△4二角(▲3五歩と仕掛ける手順の成否)

スポンサードリンク



角交換を避ける△4二角(▲3五歩と仕掛ける手順の成否)

開始図







開始図は▲4六角に対し△4二角と引いた局面。この手にかえて△2二玉は先手から角交換されて後手がまずいことになった。そこで、角を引いたわけだ。まず、先手が▲3五歩から仕掛ける変化を見てみよう。

第1図






第1図は▲3五歩△同歩▲同角となった局面。
ここで△3四歩なら▲4六角と引いて、▲3六銀▲3七桂型の攻撃陣を築いて先手が良くなる。
しかし、それは話がうますぎるわけで、後手は△5五歩と5筋の歩を突き捨てて反撃してくる。
この突き捨ては、5筋に歩が利くようにするのと、将来▲4六角と引かれたときに角が後手陣を直射しないようにする趣旨。

第2図






第2図は後手が△8五桂と桂馬を跳ねた局面。狙いはもちろん端攻めだ。
▲8六銀はやむを得ない受け。しかしそれでも△9七桂成りと殺到されて先手は受け一方となる。

結果図







結果図は後手が△9二香打ちとした局面。次に△9六香と走られる手がうるさく、先手不満の局面だろう。どうも▲3五歩からの仕掛けに無理があったようだ。


※高橋・勝てる矢倉戦法27~29ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


八 − 二 =

*

Facebookでコメント