日々の定跡

日々の定跡

Read Article

鈴木流四間穴熊:棒銀との戦い③

スポンサードリンク



鈴木流四間穴熊:棒銀との戦い③

第1図


第1図は△7五歩に代えて△5三銀とした局面。この手に対しては▲6七銀と角頭を守るのが自然。△7五歩には▲7八飛と攻められる筋に飛車を回るのもセオリー通り。

第2図


第2図は▲7八飛と飛車を回った局面。△7二飛には▲8八角が受けの好手。△7六歩▲同銀に△7七歩が手筋の一着。この歩を飛車以外の駒で取ると△7六飛で銀がただになる。したがって▲7七同飛の一手だが、△6六角にはどう応じればよいか。

第3図


第3図は△6六角と角が出た局面。ここでは▲6七銀が好手。つい▲7五歩と受けたくなるが、△4四歩とされると振り飛車がさばきにくくなる。あとは▲8三角~▲5六角成と馬を作るのが手厚い好手順。

第4図


第4図は△4三金と金が上がった局面。これは3四の歩を守った手。ここで▲7二歩が軽い好手。△7二同飛なら▲8三馬で先手良し。それゆえ△6二銀と受けるが、この利かしは大きい。以下、▲4六歩から歩を突いていけばよい。

第5図


第5図は△3三桂と跳ねた局面。▲4五歩に備えたものだが、今度は桂頭を狙って▲3五歩が厳しい攻め。▲3五歩△同歩と突き捨ててから▲7一歩成を利かす。後手陣はバラバラで、結果図は先手良しの局面だ。

結果図


※鈴木・鈴木流四間穴熊39~46ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


九 − 二 =

*

Facebookでコメント