日々の定跡

日々の定跡

Read Article

鈴木流四間穴熊:棒銀との戦い②

スポンサードリンク



鈴木流四間穴熊:棒銀との戦い②

第1図


第1図は△7六歩に代えて△7七角成とした局面。居飛車としては▲6四歩からのさばきに備えなければならないが、7三に銀が戻らなければならないようなら、すでに作戦は失敗している。

第2図


第2図は△7三銀と銀を引いた局面。△8六歩が見えているが、どう対処すべきか。ここでは、▲7八金が受けの好手。▲7一角が見えているので、居飛車はけっこう忙しい。△5三銀はそれに備えた手。先手は▲5六銀~▲4六角と流れるような攻め。

第3図


第3図は▲4六角と角を打った局面。▲7四歩を防ぐ△8四飛は止むを得ない受け。そこで、▲7二歩が覚えておきたい手筋の一着。居飛車△6二銀左は辛い手だが仕方がない。

第4図


第4図は△6二銀左と銀を引いた局面。先手はここで▲7七金と上がるのが好手。△8六歩を消しつつ場合によっては▲6六金~▲7五金と進出する手もにらんでいる。△5九角は居飛車の勝負手。

第5図


第5図は△7六歩と歩を打った局面。居飛車待望の反撃だが、▲7一歩成~▲6六角が厳しい攻め。結果図は先手良しの局面だ。

結果図


※鈴木・鈴木流四間穴熊31~38ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


八 − 七 =

*

Facebookでコメント