日々の定跡

日々の定跡

Read Article

鈴木流四間穴熊:斜め棒銀との戦い①

スポンサードリンク



鈴木流四間穴熊:斜め棒銀との戦い①

第1図


第1図は▲3六歩と突いた局面。これが鈴木流であると、鈴木大介先生は著書で述べておられる。居飛車は△7五歩から仕掛ける。▲7四歩は手筋の突き出し。

第2図


第2図は▲7四歩と歩を突き出した局面。△7五銀と銀が進出した瞬間に▲6五歩からさばく。

第3図


第3図は△8六同銀の局面。ここで▲6六銀とかわすのも筋だが、あっさり▲8六同銀とするのが鈴木先生ご推奨の手。△8六同飛は当然。ここで▲7七角と打ちたくなるが、それよりもジッと▲8八歩と打つ手が有力だ。

第4図


第4図は▲8八歩と打った局面。△2二角と数の攻めには▲7八金と力強く金を上がって受ける。居飛車は△7六歩~△7七銀と打ち込んでくる。

第5図


第5図は△7七銀と打ち込んだ局面。▲7七同桂と銀を取ってから▲6三歩成とする。△6八となら、▲5二とと攻め合えばよい。結果図は先手良しの局面だ。

結果図


※鈴木・鈴木流四間穴熊10~23ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


三 + = 十二

*

Facebookでコメント