日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角交換を受けて立つ△2二玉(▲5二角とした場合)

スポンサードリンク



角交換を受けて立つ△2二玉(▲5二角とした場合)

開始図







開始図は先手が▲5二角と打ち込んだ局面。ここで▲4一角も有力であることは前項で検討した。
後手の△8三角は当然の受け。これに対し、先手は▲3五歩△同歩▲同銀と進撃。△3四歩と打たれても銀を逃げずに▲2四歩と突けるのが▲5二角の効果。後手はやむなく銀交換に甘んじることになる。

第1図






第1図は△2三歩▲2八飛と飛車を引かせて△4二金寄りと、角を取りに来た局面。先手が困ったようだが、あっさりと▲4三角成りと金を食いちぎる。もっとも、角取りを放置して▲8四銀も悪くない。
仮に▲8四銀なら、▲8四銀△5二金▲8三銀成△同飛▲6一角で先手十分。

第2図






第2図は▲4三角成り△同金に▲3二歩と垂らしたところ。手筋の一着だ。やむを得ない△3二同玉に▲4一銀が厳しい追撃。

第3図






第3図は▲4一銀とした局面。△4一同玉はやむを得ない。そして▲2三飛成が強烈。先手は駒損の攻めだが、後手の大駒は働きが悪い上、玉の固さに随分差があるのでこの攻めは成立している。△3二銀▲2二龍△3一銀と必死の防戦だが▲1一龍と香車を入手。

結果図







結果図は▲1一龍と香車を補充した局面。次に▲8四香など先手に楽しみが多い。先手優勢の局面だ。


※高橋・勝てる矢倉戦法22~26ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


四 + 八 =

*

Facebookでコメント