日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角交換四間飛車:▲5六角と打つ展開

スポンサードリンク



角交換四間飛車:▲5六角と打つ展開

第1図


第1図は△4四歩と突いた局面。これは様子を見た手。△4二金右では駒が偏りすぎる。先手は▲7七桂と跳ねてから▲5六角とやはり筋違い角を打つ。

第2図


第2図は▲5六角と打った局面。桂頭の歩をただで取られてはまずいので、後手も△9二角と角を打つ。先手は▲9六歩~▲9五歩と角にプレッシャーをかける。端攻めをまともにくらってはいけないので△8三角といったんは受けるが、今度は▲8五歩からの仕掛けが生じる。

第3図


第3図は▲8五歩と突いた局面。△同歩▲同桂に△6一角は油断のならない手。うっかり▲7三桂成だと、飛車が素抜かれてしまう。そこで▲7四角と出ておく。この手の狙いは▲8三歩△同角▲7三桂成にある。後手は△8五桂とさばいてくるが、▲同飛と強く飛車をぶつけて結果図は先手の有利の局面だ。

結果図


※門倉・角交換四間飛車徹底ガイド118~121ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


八 + = 十六

*

Facebookでコメント