日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角交換四間飛車:後手が位を取る展開

スポンサードリンク



角交換四間飛車:後手が位を取る展開

第1図


第1図は△5二金に代えて△3五歩と突いた局面。後手は▲7一角と打ち込まれるのを警戒しつつ駒組みをしなければならない。先手は▲5八金左~▲7七桂と攻撃態勢を整える。

第2図


第2図は△4五歩と突いた局面。先手は▲8五歩から仕掛けて飛車交換を挑む。

第3図


第3図は▲8五同桂と飛車交換をした局面。ここから△8九飛▲8三飛と双方とも飛車を打ち合う。△7一金で先手の攻めは止まってしまいそうだが、▲7三桂成が好手で先手の攻めは切れない。結果図は先手の優勢の局面だ。

結果図


※門倉・角交換四間飛車徹底ガイド107~109ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


+ 四 = 十一

*

Facebookでコメント