日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角交換を受けて立つ△2二玉(▲4一角とした場合)

スポンサードリンク



角交換を受けて立つ△2二玉(▲4一角とした場合)

基本図







基本図から、いわゆる矢倉棒銀の基本的な指し方を調べていこう。

第1図は△6四角まで







▲3七銀に対し、△6四角とするのは先手の進軍をけん制する意味。最もポピュラーな手だ。他に△4三金右とする場合もあるが、これは後述。△6四角の牽制に対し、▲6五歩と反発する手もないではないが、高度なので、ここでは割愛。まずはお互いに入城するのが無難な展開。△9四歩は様子見の手。端をつめられるのは不満であるとして、▲9六歩と挨拶するのは少し危険。後手に棒銀を狙われるからだ。そこで、先手は端は手抜いて、▲2六歩~▲2五歩と棒銀を急ぐ。なお、△6四角のにらみがあるため、すぐに▲2六銀と出ることはできない。そこで、▲2六銀を実現するため、▲4六歩などとするのは筋が良くない。先手の角の働きが弱くなるからだ。ここでは▲4六角とぶつけるのがよい。

第2図は△2二玉まで







▲4六角に対し△4二角とする変化は後述する。まずは、△2二玉とする手順を検討する。これは角交換を受けて立つという意思表示。先手は角交換する一手だ。

第3図は▲4一角まで







角交換後、▲4一角は矢倉の必修手筋。後手は△6三角と合わせるが、▲6三同角成り△同銀の後、▲3五歩△同歩▲同銀と銀を進出すればよい。

結果図







△3四歩の銀取りにかまわず▲2四歩△3五歩▲4一角(結果図)でこれは先手が良い。なお、▲2三歩成り△同金▲4一角とやりたくなるが、これは成立しない。重要な変化として、取り上げておこう。

変化図▲2三歩成りを入れてから▲4一角







図は▲2三歩成りを入れてから▲4一角とした局面。一見先手が成功したように見えるが、△2七歩がするどい反撃。

失敗図







△2七歩▲同飛△4五角(結果図)で後手陣は受かってしまった。勢いでやってしまいそうなミスなので、ここはしっかりと覚えておきたい。

※高橋・勝てる矢倉戦法4~22ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


− 二 = 零

*

Facebookでコメント