日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角交換四間飛車:一手様子を見る▲5八金左

スポンサードリンク



角交換四間飛車:一手様子を見る▲5八金左

第1図


第1図は先手▲8六歩に代えて▲5八金左と上がった局面。一手様子を見る手。この手に対し後手の応手は難しい。△7四歩は▲6六銀と出る手が機敏で、先手ペースとなる。それゆえ△5二金右と陣形を整えるぐらいだが、8筋が手薄になってしまった。そこで、先手は▲8六歩から仕掛ける。

第2図


第2図は先手は▲8六同銀と銀が進出した局面。ここで、後手は△7四銀と出る。これが受けの形。この手の意味は、先手の銀の進路をふさぐとともに、△5四角からの逆襲を狙うところにある。

第3図


第3図は後手△5四角と打った局面。先手としては▲7五歩と突きたいところだが、△8七歩の反撃がキツい。だからと言って手をこまねいていると8筋の勢力争いで負けてしまう。それゆえ、▲6八金~▲7七金はしかたがない。結果図は先手不満の局面だ。

結果図


※門倉・角交換四間飛車徹底ガイド77~79ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


− 二 = 五

*

Facebookでコメント