日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角交換四間飛車:△6四歩型の攻防

スポンサードリンク



角交換四間飛車:△6四歩型の攻防

第1図


第1図は△6四歩と突いた局面。「角交換には5筋を突くな」の格言通りで、6筋から銀を繰り出すのは隙ができにくく理にかなった指し方。しかし先手はやはり▲8六歩から逆棒銀を仕掛けていく。

第2図


第2図は先手▲8六同銀と銀を進出した局面。後手は△7四歩~△7三銀と局面を収めにくるが、▲8四歩と押さえ込んで先手ペース。

第3図


第3図は▲6一角と打ち込んだ局面。△9二角は必死の防戦だが、▲9四銀から技が決まる。結果図は先手優勢の局面だ。

結果図


※門倉・角交換四間飛車徹底ガイド66~70ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


八 − 六 =

*

Facebookでコメント