日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角交換四間飛車:後手が早めに△7四歩と突いた場合

スポンサードリンク



角交換四間飛車:後手が早めに△7四歩と突いた場合

第1図


第1図は△5二金右に代えて△7四歩と突いた局面。▲6六銀からの攻めを見越したもの。先手は▲8八飛からやはり▲6六銀型に組む。

第2図


第2図は先手▲6六銀と上がった局面。後手は△6三銀と7筋攻めに備えるが、かまわず▲7五歩から仕掛ける。銀は追い返されてしまうが一歩手にすることが大きい。

第3図


第3図は先手▲6六銀と引いた局面。ここから両者とも駒組みに入る。気をつけるべきポイントは、なるべく位を取る方針で指すこと。手詰まりを防止するためだ。

第4図


第4図は先手▲5六歩と突いた局面。狙いは▲5七銀~▲5六銀の好形を目指すところにある。後手は玉頭の位を取るが6三の銀のさばきが難しい。

第5図


第5図は後手△3三桂と跳ねた局面。先手は理想形に組み上げたので、仕掛ける。まずは▲7二歩が軽妙な好手。△同銀なら▲7一角がある。無条件にと金を作らせるわけにもかないので△7二同飛と歩を払うが、飛車の利きがそれたので▲8六歩と8筋突破を目指す。

第6図


第6図は後手△7六歩と突いた局面。8筋は受けがないので攻め合いに出たものだが、後手は6三の銀が浮いているため、強い戦いができない。結果図は先手有利の局面だ。

結果図


※門倉・角交換四間飛車徹底ガイド50~55ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


九 − = 一

*

Facebookでコメント