日々の定跡

日々の定跡

Read Article

角交換四間飛車:後手8筋を放棄する順

スポンサードリンク



角交換四間飛車:後手8筋を放棄する順

第1図


第1図は後手△4二玉と上がった局面。先手はこのタイミングで▲2二角成と角交換をする。後手は△同銀と取るほかない。この形が後手の玉の囲いを制限していることがポイントだ。その後、先手は美濃囲いを目指せばよい。もちろん、穴熊に組んでもよい。

第2図


第2図は後手△5四歩と突いた局面。△5三銀を狙った手だが、この構想は疑問。8筋が薄すぎるのは明白だ。そこで先手は▲8八飛と回り、▲8六歩から逆棒銀を仕掛ける。

第3図


第3図は後手△4四銀右と上がった局面。後手は8筋は明け渡して中央から反撃しようとする趣旨。

第4図


第4図は後手△5二飛と回った局面。ここで▲8二歩が軽い好手。この手に代えて▲8三銀不成は重いのでよくない。後手としては手抜いて△5六歩から攻めたいところであるが、△5六歩▲同歩△同飛▲8一歩成△5五角▲6六桂で受かる。ゆえに△8二同飛は仕方のないところ。結果図は先手優勢の局面だ。

結果図


※門倉・角交換四間飛車徹底ガイド36~42ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


九 + 六 =

*

Facebookでコメント