日々の定跡

日々の定跡

Read Article

四間飛車穴熊VS銀冠:△6二飛型との戦い①

スポンサードリンク



四間飛車穴熊VS銀冠:△6二飛型との戦い①

第1図


第1図は△6二飛と回った局面。先手の▲6四歩からの攻めに備える趣旨。先手は▲5五歩から一歩を手にして▲5六銀型に組み替える。この方が角のラインが相手玉に直射して、より厳しく合理的だ。

第2図


第2図は先手▲3七金と締まった局面。後手の△2四角はよくある形だが甘い。先手は▲5五歩から猛攻を開始する。△5五同歩に▲同角と角で取るのがポイントで、△9二飛を強要して▲7七角と戻る。後手△5四歩は止むを得ない受けだが、先手はかまわず▲5五歩と合わせ、銀の進出を図る。

第3図


第3図は先手▲5五同銀と銀が進出した局面。これに対し△5四歩の受けは▲6四歩から6筋を突破されてしまう。それゆえ、本譜、後手は△6二飛と回って受けるのだが、先手は▲5四歩△同銀▲4四銀と銀を進出することができる。結果図は先手良し。

結果図


※佐藤和俊・よくわかる振り飛車穴熊74~76ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


− 五 = 四

*

Facebookでコメント