日々の定跡

日々の定跡

Read Article

四間飛車穴熊VS斜め棒銀:▲7七角の是非①

スポンサードリンク



四間飛車穴熊VS斜め棒銀:▲7七角の是非①

第1図


第1図は△7五歩と後手が仕掛けた局面。▲同歩と取らせて△6四銀と出るのが後手の狙い。▲7四歩は、この形の手筋で、歩を逃げながら拠点にもなっている。△7五銀に▲6五歩から先手は角をさばく。

第2図


第2図は▲6五歩と突いた局面。後手は△7七角成▲同銀△8六歩と流れるような攻め。

第3図


第3図は△8六同飛の局面。ここで▲7七角が絶好打に見えるが本当だろうか。△8九飛成▲1一角成△2二銀が予想される変化だが、飛車の働きが違いすぎる。結果図は後手良し。

結果図


※佐藤和俊・よくわかる振り飛車穴熊42~45ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


七 + 二 =

*

Facebookでコメント