日々の定跡

日々の定跡

Read Article

四間飛車穴熊VS棒銀:▲3六歩の待機策①

スポンサードリンク



四間飛車穴熊VS棒銀:▲3六歩の待機策①

第1図


第1図は▲3六歩と待機した局面。△7二飛に▲8八角と引くのは、棒銀のさばきを封じる狙い。後手は焦点の歩を放ってくるが。。。

第2図


第2図は△7七歩▲同飛に△6六角と出た局面。先手は▲6七銀から、大さばきをねらう。棒銀が遊んでしまうため、大さばきに応じるわけにはいかず、後手は△4四歩と角道を遮断する。そこで▲8三角が好手で、馬を作って先手が手厚い。結果図は先手良し。

結果図


※佐藤和俊・よくわかる振り飛車穴熊35~37ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


九 + 二 =

*

Facebookでコメント