日々の定跡

日々の定跡

Read Article

四間飛車穴熊VS居玉棒銀:後手攻め合う展開

スポンサードリンク



四間飛車穴熊VS居玉棒銀:後手攻め合う展開

第1図


第1図は▲6五歩に△7七角成と後手から角交換をしてきた局面。▲同銀の一手に△8六歩から攻め込んでくる。▲8六同歩に△同歩としたいところであるが、▲9五角の王手飛車の筋があるため、それはできない。後手は居玉のため強い戦いができないのだ。

第2図


第2図は後手△7六歩と打った局面。先手は▲8八銀と辛抱するのもありうるが、本譜は勢いよく▲6六銀とさばく変化を検討する。△3三角は▲5五角を防ぎつつ▲9九角成を見た攻防の手。先手は慌てることなく▲7六飛とかわしておく。

第3図


第3図は後手△9九角成と角を成り込んだ局面。後手がうまくやったようだが▲7七桂が冷静な手。▲5五角を食らってはたまらないため、後手は暴れてくるが、先手は強く攻め合えばよい。結果図は先手良し。

結果図


※佐藤和俊・よくわかる振り飛車穴熊16~18ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


五 − = 三

*

Facebookでコメント