日々の定跡

日々の定跡

Read Article

相横歩取り:▲4六角△7三角の変化①

スポンサードリンク



相横歩取り:▲4六角△7三角の変化①

第1図


第1図は▲4六角と打った局面。△7三角と合わせられたらどうすべきか。▲同角成△同桂▲5五角で両取りがかかるが、△6五桂と後手は勝負にくる。

第2図


第2図は先手▲5五角に対し後手△6五桂と跳ねた局面。▲6六銀は当然の受け。△2八歩▲同銀△2五飛が鋭い継続手。この手に対し▲2六歩なら△5五飛▲同銀△5七桂成がある。

第3図


第3図は後手△2五飛の局面。先手が困ったようだが、▲7三角成が王手であるのがミソ。△6二銀▲同馬△同金以下、結果図は先手優勢。

結果図


※郷田・指して楽しい横歩取り56~58ページ参照

スポンサードリンク

人気ブログランキング参加中!

人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。! クリックして頂けますと幸いです⇒人気ブログランキングへ
将棋 ブログランキングへ

Leave a Reply

*
* (公開されません)


八 − = 七

*

Facebookでコメント